GeForce GTX 1050/1050 Tiのロープロファイル対応版をMSIが発表

11月21日にMSIからロープロファイル対応のGTX1050/1050 Tiの発売が発表されました。
a0acc98ef1d5

4e3dcfbefbcf

249835454061

今までの1050との違い

現行の1050よりも横幅が小さくなるので、スリムケースを使っているユーザーが主なターゲットになると思われます。

省スペース型のPCを組むユーザーにはありがたい話ですね
しかし考えられるデメリットもあります。
スリムになった分ファンの径が小さくなり、既存のグラボと同じ冷却効率を求めるならモーターの回転数を上げざるを得ません。
ファンの回転数が上がるとおのずと音は大きくなりがちなので、そこが気になっている自作ユーザーもそれなりにいるようです。
グラフィックボードに負荷をかける最新ゲームをプレイするユーザーは念頭に置いておいた方がよいかもしれません

気になる発表の内容は?

以下は海外記事の翻訳です。

MSIは、NVIDIA GeForce GTX 1050 Tiをベースにした最初のハーフハイト(ロープロファイル)グラフィックスカードを発表しました。 MSI GTX 1050 Ti 4GT LPグラフィックスカードには、高さのPCBと、高密度アルミニウムヒートシンクを換気する50mmファンを使用するデュアルスロット冷却ソリューションがあります。このカードの長さは18.2 cmで、標準およびロープロファイルのI / Oシールドが含まれています。

MSI GTX 1050 Ti 4GT LPは、PCI Expressスロットを利用しています。 1290MHzコア、1392MHz GPUブースト、および7.00GHz(GDDR5有効)メモリのNVIDIAリファレンスクロック速度に目を向ける。 GPUの128ビット幅のメモリインターフェイスに4 GBのGDDR5メモリを搭載しています。ディスプレイ出力には、デュアルリンクDVI、HDMI 2.0b、およびDisplayPort 1.4コネクタが1つずつあります。 MSIは価格を明らかにしていない。

<記事元:https://www.techpowerup.com/228014/msi-unveils-geforce-gtx-1050-ti-low-profile-graphics-card>

通常のGTX1050をパーツ単体で購入するならコチラ

製品スペック
チップ NVIDIA GeForce GTX1050
接続 PCI Express×16
メモリ容量 2GB
メモリバス幅 128bit
メモリ種類 GDDR5
コアクロック / メモリクロック [サイレントモード]:1354MHz / 7008MHz
[ゲーミングモード]:1417MHz / 7008MHz
[OCモード]:1442MHz / 7108MHz
※コアクロックはベースクロックとなります
モニタ出力 Dual-link DVI-D×1/HDMI×1/DisplayPort×1
冷却 FAN
補助電源の有無 6ピン×1
製品スペック
チップ NVIDIA GeForce GTX1050Ti
接続 PCI Express×16
メモリ容量 4GB
メモリバス幅 128bit
メモリ種類 GDDR5
コアクロック / メモリクロック 1290MHz / 7000MHz
※コアクロックはベースクロックとなります
モニタ出力 Dual-link DVI-D×1/HDMI×1/DisplayPort×1
冷却 FAN

コメントを残す

*